メイク道具のお手入れも重要です!

道具のお手入れは美肌の基本

毎日のメイクは手を使って行うわけではなく、様々なメイク用品を使うことになります。
ブラシを使用することやチップを使用すること、さらにスポンジを使用するということもあるでしょう。
このようなメイク道具に関して、全くお手入れをしていないという人はお肌のトラブルが繰り返されてしまうかもしれません。

ニキビが治らないといった悩みや、毛穴の開きに悩んでいる方は、もしかするとメイク道具の汚れが引き金になっている可能性があるので、綺麗にお手入れをしましょう。
毎日自分の肌を綺麗に彩ってくれるメイク道具もしっかりお手入れをしてあげなければ細菌が繁殖してしまいます。
お肌をきれいに洗っているつもりでも、やはりそのままメイク道具を放置してしまうことで、空気中の細菌などが付着しますのでこれをお肌に塗っているのと同じ。

そう考えれば必然的にメイク道具のお手入れをすることが大切だとわかるでしょう。
メイク道具の手入れは決して難しいものではなく、1週間に1回から2週間に1回程度行えばよいので、さぼらずに続けていきましょう。

中性洗剤は使わないこと

メイク道具のお手入れをする際に、間違った方法を用いてしまうと道具を痛めてしまいます。
それぞれのアイテムは非常に繊細にできていますので、中性洗剤は使わず汚れを落としていきましょう。

中性洗剤を使ってしまうと、例えばブラシの毛質が悪くなってしまう事や洗剤の成分がしっかりと落ちずお肌に悪影響を与えることがあります。
クレンジングオイルなどがあれば、こういったものを使うのが1番になります。
所有していない場合には、洗顔料などを泡立ててしっかりと洗うようにしましょう。

また、特にブラシは洗う際に気をつけなければならず、ぐしゃぐしゃと毛先をかき混ぜるようにすると傷むので、優しくもみ洗いをしてください。
スポンジなどに関しても揉み洗いをすると良いです。
チップの手入れをする人は少ないかもしれませんが、お手入れが面倒だと感じるのであれば、新しいものを常に常備しておきましょう。
お手入れをする際にはチップの部分にクレンジングオイルや洗顔フォームなどをなじませて、十分に汚れを落とした後に洗濯用のネットに入れて干しておけば、しっかり乾き再び使えるようになります。

スペアを持っておくことも重要

上記のようにさまざまなメイク道具のお手入れをするというのは非常に大切なことです。
しかし、季節によって、またはタイミングによって、お手入れをした後で十分乾かないということもあります。
梅雨時期でしっかり乾かなかったというケースから、夜中に洗ったら、翌朝に間に合わなかったというケースまでさまざま。
この時のためにスペアを持っておく事も重要です。

ブラシ、スポンジ、チップなどそれぞれ最低でも一つはスペアを持っておくようにしましょう。
近年では100円ショップなどでもこういったメイク道具を購入することができるようになりました。
リーズナブルなもので構いませんので1時的に使えるようにスペアを持っておくと、その場になって困ることがありません。